レクサプロのod(過剰摂取)のリスクを知ろう

レクサプロのod(過剰摂取)のリスク

 

odは「オーバードーズ」の略称となります。医薬品を過剰摂取してしまうことを指しており、用法・用量をはるかに超えた量を服用することで、さまざまな危険性が認められています。

 

レクサプロにも、odの危険性はあります。レクサプロは抗うつ薬となり、依存性・耐性形成があります。しかも、レクサプロ服用中の人は、睡眠障害・不安障害を抱えていることも多く、それだけ毎日の暮らしにストレスを感じている人が多いことになります。

 

  1. 依存性・耐性形成により、だんだん効き目が薄れてきて、服用量が増えてくる。
  2. 精神的に不安定なため、つい過剰摂取していまう。

 

つまり、レクサプロには↑の2パターンのod・大量服用リスクがあるわけです。

 

また、不安症・うつの治療で、レクサプロ以外のさまざまな医薬品を処方されていることもよくあります。そうなると、複数種類の医薬品が混ざったodに至ってしまうことも多いのです。

 

レクサプロの致死量はどのくらい?

 

レクサプロのodリスクで一番心配なのが、「致死量を超えてしまわないか」ということでしょう。もし大量摂取によって致死量を超えると、死亡してしまう可能性があるからです。

 

医薬品の致死量については、LD50(半数致死量)という数値が用意されています。これは、「LD50の量を超えると、50%の確率で死亡する」という指標になります。

 

種別

LD50

マウス

300mg/kg

ウサギ

3200mg/kg

ラット

980mg/kg

 

レクサプロのLD50については、↑のとおりになっています。~~mg/kgというのは、体重1kgあたり~~mgのレクサプロを服用するとLD50になる、という意味です。動物実験なのでそのまま人間に当てはめることはできませんが、例えばマウスの数値を借りると、体重60kgの人で18,000mgを超える量を服用するとLD50となります。これはレクサプロ1800錠分となります。

 

1800錠を服用するのはかなり困難なので、一見安心するかもしれません、しかし、これはあくまで「半数致死量」なので、もっと少ない量でも多少の死亡率はあるはずです。しかも、多くのケースで「複数の医薬品の混合大量摂取」となります。そうなると致死量がどの程度になるかはわからず、少ない量でも危険になるかもしれません。

 

レクサプロのodで死亡には至らなかったとしても、

 

中枢神経障害(めまい、振戦、不安、焦燥、興奮、セロトニン症候群、痙攣、昏睡)、胃腸障害(悪心・嘔吐等)、心血管障害(低血圧、頻脈、QT延長、不整脈)、電解質及び水分バランス異常(低カリウム血症、低ナトリウム血症)

 

といったありとあらゆる副作用が生じることがわかっています。なので、レクサプロのodは絶対に禁止なのです。

 

大量摂取してしまった場合はどうする?

 

もしレクサプロの用法・用量を超える量を服用してしまった場合、対処は2種類あります。

 

第一に意識がある場合です。このケースでは、無理してはかせたりすると胃酸が食道を傷つけるおそれがあるので、安静にして横になり、体調が戻るのを待つようにしましょう。

 

第二に意識がない・薄い場合です。このケースは緊急度が高く、素人の処置は難しいのですぐに救急車を呼ぶようにしましょう。必要に応じて気道確保、酸素吸入等を行い、胃洗浄、活性炭投与等の適切な処置が行われることになります。

 

レクサプロのodは、多くの場合知識不足が原因です。自分の服用している医薬品のことをしっかり知っておいて、用法用量を必ず守るようにしましょう。