レクサプロで抜け毛や脱毛が起こる?

レクサプロが抜け毛・脱毛の原因になる可能性は?

 

レクサプロ服用中の人出、「抜け毛が増えた」という意見を言う人もいます。ここでは、レクサプロと脱毛・抜け毛の関係についてみていきます。

 

レクサプロの副作用に「脱毛」はある

 

レクサプロの添付文書を見ると、以下の記述があります。

 

1%未満

脱毛症

参考ページ:レクサプロ添付文書

 

なので、脱毛してしまう可能性はあります。ただ、確率が「1%未満」なので、かなりまれなケースであることは確かです。細かい数値がないので確実な確率はわかりませんが、数百人に1人ということになるでしょう。

 

>>副作用|離脱症状のリスクもあり

 

光線過敏症についてもチェック

 

レクサプロには、非常に低確率ながら「光線過敏症」の副作用があると言われています。発症率は極めてまれですが、脱毛・抜け毛と言う意味では光線過敏症も要チェックです。

 

光線過敏症は、肌が紫外線に過剰反応し、皮膚の湿疹・ただれが起こる症状のことです。「紫外線過敏症」とも言われ、重症化すると日光だけでなく、室内灯に反応する場合もあるほどです。

 

この症状はさまざまな医薬品で確認されており、抗生物質として有名な「クラリスロマイシン」などでも起こることがわかっています。比較的、身近な症状なのです。

 

レクサプロを服用していると、極めてまれながら光線過敏症になるおそれはあります。その結果、頭皮にただれがおこって、脱毛・抜け毛が起こることも考えられるので、光線で肌が荒れるようになった場合は速やかにレクサプロの服用は中止しましょう。