レクサプロ服用中の運動はOK?

レクサプロ服用中の運動について

 

レクサプロと運動の関係については、

 

  1. なぜレクサプロを服用しているのか?
  2. レクサプロ自体の運動リスク

 

これら2つの側面から考えていく必要があります。

 

なぜレクサプロを服用しているのか?

 

最初に、レクサプロを服用している理由についてしっかり考えてみましょう。レクサプロはSSRIとなるので、多くの場合「うつ状態・うつ病」の治療中となるはずです。また、社会不安障害やPTSDなどの治療中と言う人もいるでしょう。いずれにしても、精神的な疾患の治療中ということは言えるはずです。

 

なので、そういった疾患の治療中、運動がどう影響するのか?をしっかり考える必要があります。

 

精神疾患の治療としてレクサプロ服用している場合、一般的に運動は「推奨」となります。なぜなら、精神疾患の治療方法の1つに「運動療法」があって、運動によって症状が改善することがあるからです。

 

精神状態の安定化

 

運動をすると血流が改善され、脳の神経物質の栄養源「BDNF(脳由来神経栄養因子)」が増加することが知られています。BDNFは神経物質の「ご飯」となり、セロトニン、ノルアドレナリンが増えていくことにつながります。その結果、うつ状態などが改善することがわかってきているのです。

 

体力が戻る

 

単純な話ですが、運動をすると体力がつきます。うつ状態・うつ病だと家にこもりがちになって、体力が落ちます。その結果やる気などがどんどん削がれていくわけですが、運動をして体力をつけるとやる気が戻ってきたり、ストレス軽減・集中力アップなどが起こって症状が改善しやすくなります。

 

体重増加を防止する

 

レクサプロなどのSSRIには「体重増加」の副作用が出ることがあります。これは医薬品自体の作用だけでなく、疾患の影響で体を動かさなくなり、代謝が落ちることも原因の1つです。しかし運動をすると代謝アップして体重増加を抑えることができます。

 

↑のように、うつ状態・うつ病の治療法の1つとして、運動療法は効果的となり、そういった意味でレクサプロ服用中の運動も推奨されるわけです。

 

当然、むやみに筋トレやジョギングなど強度の高い運動をする必要はなく、ウォーキングなどの軽い運動から始めるのが無難です。どんな運動がいいかは人によるので、まずは医師に相談してみるのがよいでしょう。

 

レクサプロ服用中の運動の問題点

 

うつ状態の改善のために運動が効果を発揮することがあるのは説明した通りです。しかし、レクサプロ服用中は運動をしないほうがいいケースもあります。

 

それは、レクサプロの副作用として「動悸」や「高血圧」などの循環器系症状が出ているケースです。

 

>>副作用|離脱症状のリスクもあり

 

この循環器系副作用が出ている状態で運動をすると、心臓への負担が大きくなってしまいます。なので、運動は控えたほうがいいということになります。

 

一般的には、レクサプロ服用中の運動は、ある程度ならした方がよいでしょう。しかし、副作用の症状次第では、運動を控えたほうがいいケースもあるということです。このあたりのバランスは難しいので、気になるようなら診察を受けて判断してもらったほうがよいでしょう。