レクサプロを海外旅行で飛行機に持ち込める?

レクサプロの海外持ち出し事情

 

レクサプロを服用中に、海外旅行に行くことになるケースもあるでしょう。渡航先の国によっては時差が大きく、体調が変わりやすいのでレクサプロが持ち出せるか、飛行機に持ち込めるのかなどが気になるところです。

 

ここでは、レクサプロと海外旅行の関係について解説します。

 

レクサプロ自体は基本的には持ち出し可能

 

レクサプロは海外でも一般的な抗うつ薬(SSRI)なので、持ち出しについては基本的には問題ありません。ただ、国によっては医薬品の持ち込みルールがあったりするので、事前に調べておいた方がいいでしょう。

 

例えばシンガポールの場合、持ち込み規制対象外の薬でも、持ち込みは3カ月分までと決められています。旅行くらいであれば問題ありませんが、長期滞在の場合は3カ月分以上のレクサプロについては現地調達も視野にいれたほうがいいでしょう。

 

このような条件は国によって異なります。なので、心配であれば航空会社に問い合わせて、どうすればいいかアドバイスをもらいましょう。

 

なお、少しの量であれば飛行機への持ち込みも問題ないケースが多いです。ただ、錠剤と取り出して別の容器にいれたりすると余計な疑惑をもたれるかもしれないので、シートのまま持ち込むのがよいでしょう。

 

向精神薬の持ち込みは要注意

 

レクサプロを服用しているしている場合、睡眠薬、抗不安薬などの向精神薬も同時服用しているケースが多いはずです。

 

しかし、例えば「ロヒプノール」という睡眠薬は、日本だとよく利用されていますが、アメリカだと規制薬物となり、所持していると最悪「逮捕」される可能性まであります。そのため、ロヒプノールを常用している人の場合、アメリカには行けません。

 

また、先ほど取り上げたシンガポールにしても、ユーロジンやエリスパン、マイスリーなどは規制対象となっており、HSA(Health Sciences Authority)の承認を得る必要があります。承認を得るためには、医師の診断書やシンガポールへの到着日・出発日を証明する飛行基チケットなどが必要で、意外と手間がかかります。

 

なので、レクサプロがOKだからといって油断せず、使用している医薬品についてはすべて調べておいたほうが無難です。先ほども書いたように、航空会社に問い合わせて、持ち込みできるかどうか、そしてどんな手続きが必要なのかは調べておきましょう。