レクサプロとお酒(アルコール)の相性とは

レクサプロ服用中のお酒(アルコール)はリスクあり

 

アルコール(お酒)は多くの医薬品で併用注意となりますが、レクサプロなどの抗うつ薬もその1つです。

 

ここでは、レクサプロとアルコール(お酒)の併用リスクを解説していきます。

 

レクサプロの添付文書を確認

 

アルコール(お酒)が併用注意・禁忌となるケースは多く、「飲酒はしないでくださいね」と薬剤師に言われた経験をした人もいるはずです。

 

アルコールと医薬品との関係は、添付文書でチェック可能です。はじめに、レクサプロの添付文書を見てみましょう。

 

本剤服用中は飲酒を避けることが望ましい。
他の抗うつ剤で作用の増強が報告されている。
参考ページ:レクサプロ添付文書

 

レクサプロの添付文書で、アルコールについて書かれている引用は↑です。

 

レクサプロとアルコールの両方に、「中枢神経抑制作用」があります。なので、併用するとそれぞれの作用が増強され、眠気・倦怠感・頭痛といった症状が現れやすくなったり、重症化することがあるのです。

 

レクサプロで眠気・倦怠感が出やすい人は、重症化が懸念されます。それだけでなく、レクサプロの副作用が目立たなかった人も、飲酒のせいで症状が出てくる可能性もあります。

 

「眠気なんて我慢すればOK」と思うかもしれません。しかし、耐えがたい眠気で仕事に支障が出たり、ふらついて転倒し、ケガをする…なんて事態もあるので、過信はNGです。

 

レクサプロとアルコールは「併用禁忌」ではなく、あくまで「注意」なので、飲もうと思えば飲むことはできます。しかし、普段からお酒を飲むことが多いなら、飲酒量を減らすなどの対策は必須です。

 

消化器症状や依存性・耐性形成のリスクもある

 

レクサプロには、消化器系の副作用が出やすいという特徴があります。そのため、吐き気・腹痛がつきものです。

 

>>副作用|離脱症状のリスクもあり

 

そして、アルコールも飲みすぎると吐き気や下痢が出るのは有名な話です。つまり、レクサプロとアルコールを併用すると、消化器系の症状が悪化するリスクもあるということなのです。その点でも、レクサプロとアルコールの併用には懸念点があるのです。

 

そしてもう一つ注意したいのが依存性・耐性形成のリスクです。レクサプロに依存性・耐性形成があって、その点を心配している人は多いです。しかし、アルコールの依存性が高いことは、あまり気にしていない人もいます。

 

不眠気味なので、眠くなるまでお酒を飲む、なんて話も耳にします。そして、その傾向がある人は、「レクサプロを飲んでも寝つきが悪いので、お酒を飲んでしまおう」と考えてしまう可能性が高いのです。そうなってしまうと、いつしかレクサプロとアルコールを併用しないと満足できなくなり、お互いの依存度が積み重なっていくことになるのです。

 

アルコールは、一度依存症になると非常に強い禁断症状を発揮するようになります。軽い気持ちでレクサプロと併用していると、気付かないうちにアルコール依存症になっていたという恐れもあるのです。

 

どうしても飲酒が必要なケースはどうする?

 

何度も解説しているように、レクサプロとアルコールは「併用注意」です。なのでできるだけ避けるべきなのですが、「付き合いでどうしても飲酒が断れない…」ということはあるかもしれません。

 

その場合、アルコール度数ができるだけ少ない、薄いお酒をゆっくり時間をかけて飲むようにしましょう。お酒をかたくなに断っていると印象が悪くなるようなら、「少しだけならアリ」と自分で決めておくのです。レクサプロとアルコールは「禁忌」ではないので、週に1回程度、1杯くらいなら基本的には大丈夫です。

 

しかし、眠気が強く出やすいのは間違いないので、次の日に仕事などがあるなら飲酒は控えたほうがいいです。次の日が休みで、1日中家で寝ていても大丈夫というときだけ、飲んでもいいことにしましょう。それと、「1杯飲むと歯止めが効かなくなる」タイプの人は、一切飲まないようにしたほうがいいです。

 

併用注意なのがわかりきっているのに、それでも趣味のお酒がやめられないという場合は、アルコール依存症の疑いが出てきます。そうなってくると、うつ症状よりもずっと重大なリスクとなります。どうしてもやめられないときは、すぐに医師に相談しましょう。