レクサプロの併用禁忌・注意薬や飲み合わせ

レクサプロの併用禁忌・注意薬を学ぼう

 

たいていの医薬品には併用禁忌(併用NG)や併用注意(慎重対応)となる医薬品があります。これはレクサプロも同じです。

 

ここでは、レクサプロの併用禁忌・注意薬の紹介や、一般的によく出回っている医薬品との飲み合わせの解説をします。

 

目次

 

レクサプロの禁忌事項

 

レクサプロには、いくつかの禁忌事項があります。つまり、「この条件に合う人は、レクサプロは服用できない」と言う意味です。

 

添付文書上には以下の記述があります。

 

  1. レクサプロの成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  2. モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤を投与中あるいは投与中止後14日間以内の患者
  3. ピモジドを投与中の患者
  4. QT延長のある患者
参考ページ:レクサプロ添付文書

 

レクサプロの過敏症を発症したことがある人

 

レクサプロを服用することで、過敏症を発症することがあります。昔レクサプロを服用して過敏症が出たことがある人は、もう一度レクサプロを服用することは禁止されています。

 

>>過敏症・薬疹

 

過敏症の詳細については、↑の記事をご参照ください。

 

モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤を投与中の人

 

MAO阻害剤は、パーキンソン病などに利用されている医薬品です。パーキンソン病治療中の人は服用している可能性があり、レクサプロは併用禁忌となります。また、MAO阻害剤の服用をやめても、その後14日間はレクサプロの服用はできません。

 

ピモジドを服用中の人

 

ピモジドはレクサプロとの併用禁忌なので、服用中のレクサプロ利用は絶対禁止です。

 

QT延長がある人

 

先天性QT延長症候群にかかっていたり、他の医薬品の影響でQT延長が見られる人は、レクサプロの服用はできません。

 

レクサプロの併用禁忌薬を確認しよう

 

レクサプロには、2種類の併用禁忌薬があります。

 

モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤(エフピーなど)

 

モノアミン酸化酵素(MAO)は、モノアミン神経伝達物質を酸化させる酵素のことです。MAOには「MAO-A」と「MAO-B」の2種類があり、日本ではMAO-Bに関わる「エフピー(成分名:セレギリン)」のみが認可されています。

 

エフピーを服用するとMAO-Bが阻害され、ドーパミンの酸化が遅れます。つまり、ドーパミン量が増えるということになります。その作用は、パーキンソン病治療などに活用されています。

 

MAO阻害剤服用中にレクサプロを飲むと、発汗・全身けいれん・発熱・昏睡などの重症例があるため、レクサプロとは併用禁忌となっています。「禁忌事項」の部分で解説していますが、MAO阻害剤の服用を中止しても、それから14日間はレクサプロ服用はできません。

 

MAO阻害剤を使うことになるケースはあまりありませんが、パーキンソン病の治療をする際は注意が必要です。あらかじめ、医師に「レクサプロを服用しているのですが…」と伝えるようにしましょう。

 

ピモジド(オーラップ)

 

ピモジド(オーラップ錠)は統合失調症や自閉症、トゥレット症候群の治療に使われている医薬品です。レクサプロの成分との相互作用により、原因は不明ですが「QT延長」が起こることがあります。QT延長は不整脈などの原因となるため、オーラップ服用中のレクサプロ併用はできません。

 

オーラップはさまざまな症状に利用されていますが、比較的古い医薬品となるため、代替となる医薬品が存在する場合も多いです。なので、レクサプロを使用したい場合は、オーラップのほうを別の医薬品に切り替えることになるでしょう。

 

レクサプロの併用注意薬を解説

 

レクサプロの併用注意薬は、種類が結構あります。まずはリストで確認しておきましょう。

 

薬剤名など 何の症状に利用されるか 併用のデメリット
セロトニン作用薬 抗うつ、神経痛治療など レクサプロのセロトニン作用と重複するため、セロトニン症候群などが現れるリスクがある。
メチルチオニニウム塩化物水和物(メチレンブルー) 中毒性メトヘモグロビン血症 セロトニン症候群の可能性がある
CYP2D6を阻害する作用がある薬 抗うつなど レクサプロにはCYP2D6を阻害する作用があり、該当する医薬品の血中濃度が急上昇する恐れがある。
シメチジン 逆流性食道炎など レクサプロの代謝酵素を阻害するため、レクサプロの血中濃度が上がりやすくなる。
プロトンポンプ阻害剤(PPI) 逆流性食道炎など レクサプロの代謝酵素を阻害するため、レクサプロの血中濃度が上がりやすくなる。
NSAIDsなど 解熱・鎮痛など レクサプロの影響で血小板凝集能が阻害され、出血傾向が出やすくなる。
ワルファリン(ワーファリン) 抗凝固薬 相互作用によってお互いの血中濃度が高まり、作用が増強されてしまうおそれがある。

 

上記の医薬品は、レクサプロとの併用は慎重になるべき「併用注意」の医薬品となっています。

 

このリストの中でも、特に注意した方がいい医薬品を、以下で解説していきます。

 

セロトニン作用薬(SSRIやトラムセット、セント・ジョーンズ・ワートなど)

 

SSRI ルボックス、デプロメール、パキシル、ジェイゾロフトなど
SNRI サインバルタ、トレドミン、イフェクサーなど
三環形抗うつ薬 トフラニール、トリプタノール、ノリトレンなど
その他 トラムセット、セント・ジョーンズ・ワートなど

 

レクサプロは「SSRI」となります。そのため、セロトニンの再取り込みを阻害し、結果的に脳内のセロトニン量を増やす作用があります。ただ、セロトニンにかかわる医薬品は他にもいろいろあります。

 

レクサプロ以外のSSRIはもちろんですが、例えばSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)もセロトニンを増やす働きがあります。また、三環形抗うつ薬や、神経痛に使われるトラムセット、さらにはサプリで用いられるセント・ジョーンズ・ワートにも、セロトニンにかかわる作用があることがわかっています。

 

レクサプロとこれらのセロトニン作用薬を併用してしまうと、過剰にセロトニンが増えてしまい、セロトニン症候群を発症するリスクが高まります。そのため、レクサプロとセロトニン作用薬は「併用注意」となっているのです。

 

SSRIに関しては、薬が合わない場合に切り替えることがあるくらいで、併用になることはほぼありません。SNRIや三環形抗うつ薬についても同様です。しかし、トラムセットなどについては、診察を受ける科が違うケースがあり、併用の可能性はあるので注意しましょう。また、セント・ジョーンズ・ワートについては薬局でかんたんにサプリが手に入るので、余計に「うっかり併用」については気を付ける必要があります。

 

胃薬(シメチジン、タケプロン、パリエットなど)

 

胃薬は持病の治療のための利用者が多く、レクサプロ自体に消化器系の副作用があるので、症状の緩和のために併用になりやすい医薬品でもあります。

 

種別

医薬品名

シメチジン(H2ブロッカー)

フロンティア、パンシロンH2ベスト、住友胃腸薬スコープ、センロックエース、ザッツブロック、アルサメックなど

プロトンポンプ阻害薬

オメプラゾール、タケプロン、パナルジン

 

しかし、上記の胃薬に関しては、レクサプロとは併用注意となっています。

 

まずシメチジンですが、多くの市販薬に含まれているのでうっかり併用には注意が必要です。同じH2ブロッカーの「ガスター10」については併用注意ではないので、シメチジンを使っていたのなら切り替えたほうがいいでしょう。

 

また、プロトンポンプ阻害薬も利用者が多い胃薬となります。「パリエット」「ネキシウム」については併用注意指定はされていないので、タケプロンなどを使用していたのなら切り替えるようにしましょう。

 

レクサプロの消化器系副作用を抑える目的で胃薬を服用するなら、「ガスモチン」「ムコスタ」あたりがおすすめです。ガスモチンは消化管の運動を活発にし、ムコスタには胃壁の粘膜を強くする作用があります。いずれもレクサプロの消化器系副作用を抑える効果が期待できるので、医師に頼んで処方してもらうとよいでしょう。

 

NSAIDs(ロキソニン、ボルタレン、イブプロフェンなど)

 

意外なところでは、NSAIDsという解熱・鎮痛剤もレクサプロとは併用注意となっています。

 

NSAIDs(非ステロイド解熱・鎮痛剤) ロキソニン、ボルタレン、アスピリン、イブプロフェン、インドメタシンなど

 

↑がNSAIDsの一覧ですが、「ロキソニン」や「ボルタレン」など、薬局でかんたんに手に入る解熱鎮痛剤を含んでいます。バファリンは「アスピリン」ですし、イブは「イブプロフェン」のことですから、NSAIDsは日本人の生活と非常に密接にかかわっているのです。

 

レクサプロなどのSSRIとNSAIDsを一緒に服用すると、出血傾向が出る(血が止まりにくくなる)ことがわかっています。

 

対処としては、NSAIDsの服用量をできるだけ減らすのがよいでしょう。ただ、減らすとそれだけ痛みなどが出やすくなるので、どのくらい減らせばいいかの判断は難しいです。どうしても併用したいときは、医師に相談のうえ行うようにしましょう。

 

この医薬品の飲み合わせはどう?

 

レクサプロはどうしても長期服用になりがちです。そのため、他の医薬品との併用になりやすい傾向があります。

 

ここでは、一般的に良く使われている医薬品と、レクサプロの飲み合わせについて解説していきます。

 

抗不安薬・睡眠薬(デパス、アモバン、マイスリーなど)

 

抗不安薬 デパス、レキソタン、ソラナックス、ワイパックス、メイラックスなど
睡眠薬 アモバン、ルネスタ、マイスリー、レンドルミンなど

 

これらの医薬品は、レクサプロとよく同時処方されます。なので相性は良いように見えるかもしれません。

 

ただ、抗不安薬・睡眠薬・SSRIは、それぞれ「中枢神経抑制作用」を持っています。そのため眠気・ふらつき・めまいといった副作用が出やすくなっています。そして、併用すると、それらの副作用がさらに重くなる可能性があるのです。

 

また、中枢神経抑制薬には依存性・耐性形成があり、併用するとその分依存性などが高まる傾向があります。

 

そのため、併用注意に指定はされていませんが、できればなるべく併用はしたくない医薬品と言えるでしょう。医師の判断で出される場合は構いませんが、自己判断であれこれ併用するのはやめたほうがいいでしょう。

 

風邪薬(パブロン、ルルなど)

 

風邪薬とレクサプロの併用では、「解熱作用成分」に何が使われているかが問題です。

 

  1. アセトアミノフェン
  2. NSAIDs(ロキソニン、イブプロフェンなど)

 

風邪の解熱では、基本的に↑の2種類の成分のどちらかが使われます。ただ、NSAIDsについてはすでに紹介した通り「併用注意」なので、できれば避けたいところです。

 

そのため、風邪薬選びでは「アセトアミノフェン」を使ったものを選ぶべきでしょう。

 

病院で処方される場合、「レクサプロを服用している」と言えばその点は考慮してもらえます。ただ、市販の風邪薬を利用する場合は注意が必要です。箱の成分表を見て、なるべく「アセトアミノフェン」と書かれたものを選ぶようにしましょう。「アスピリン」や「ロキソプロフェン」はNSAIDsの成分となるので、あまり選びたくないところです。

 

花粉症(アレグラ、ザイザルなど)

 

花粉症の人は多いですが、特に春頃に爆発的に増えてきます。そのため、「アレグラ」「アレロック」などの抗ヒスタミン薬は非常に良く売れます。その時期に、タイミングよくレクサプロと併用してしまう人も出てくるでしょう。

 

結論から言うと、基本的には併用はOKです。併用注意ではないので、アレグラなどの市販薬を購入して服用しても問題はありません。

 

ただし、アレグラ、ザイザルなどの抗ヒスタミン薬は「中枢神経抑制作用」を持っており、強い眠気が出ることで有名です。レクサプロにも眠気などの副作用があるわけなので、重複すると異常な眠気に発展する恐れがあります。なので、外出時や車の運転の際は併用はやめましょう。併用は、1日中家にいられるような日のみにとどめたほうが無難です。

 

ピル(トリキュラーなど)

 

女性の場合、ピル(トリキュラーなど)を利用している人もいるかもしれません。

 

レクサプロとの併用については、「注意」ではないので問題はありません。併用によってピルの効果が落ちたりする心配もないので、安心して使用可能です。

 

ただ、ピルには消化器系の副作用があり、レクサプロの症状と重なると重症化する恐れはあります。その点は、おさえておいてください。

 

レクサプロの併用・飲み合わせまとめ

 

まず第一に、↓の医薬品はレクサプロとの併用禁忌薬となります。しっかりと覚えておきましょう。

 

  1. モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤
  2. ピモジド(オーラップ錠)

 

そして、併用注意薬については複数がありますが、以下のものだけは最低限押さえておいてください。

 

  1. セロトニン作用薬(SSRI・SNRI・三環形抗うつ薬など)
  2. シメチジン・一部のプロトンポンプ阻害薬
  3. NSAIDs(ロキソニンなど)

 

この中でも、シメチジンやNSAIDsはレクサプロと併用になりやすいので、注意しましょう。